糖尿病の初期症状と体重変化

やせてしまうのは栄養が運搬されないから

糖尿病というと、発症するとどんどん太っていくというイメージがもたれやすいようです。
実際に肥満になるとインスリン抵抗性が上がりますから。

しかし、糖尿病を発症して初期の頃は、逆に体重がどんどん減っていくみたいです。
生まれつきのタイプならともかく、食生活面で不健康な生活をしていた発症するタイプの糖尿病なのに、なぜそのように痩せるのでしょうか?

調べたところ、糖尿病の原因である血液中のブドウ糖の増加が原因だそうです。

ブドウ糖が多くなったせいで、血がドロドロになると、その分血流が悪くなり、たくさん食べても栄養がちゃんと運ばれないのだとか。そのため、栄養不足になった臓器は、ブドウ糖の代わりに体脂肪を代替エネルギーとして使うようになるため、必然的に体重も落ちるみたいです。

つまり、たくさん食べているのに、体は飢餓状態ということなのだとわかります。
加えて、そのように増えた血中のブドウ糖を処理しようと、一時的にインスリンが多く分泌されるため、食欲は異常に増して、食べても食べてもまた食べたくなるという現象も起きるそうです。

改めてみると、糖尿病の初期症状って、本当に妙な感じだと思いました。
個人的には、食べても太らずどんどん痩せていくのは嬉しいですが、実際にそうした現象が起きた際は、すぐにしっかり検査すべきなのかもしれません。